2012年02月01日

【ここらあで謎解きぃゆうのはどうどっしゃろ?】 第三回:京都会館を守れ!(前編)

タイトル.jpg

2011年12月9日(金)の朝日新聞夕刊において、
「モダニズム建築の危機」と題し、
前川國男の設計による京都会館(京都市左京区)の
一部建て替えと改修が行われようとしていると報じられた。

これは耐震性の問題および舞台設備の充実を目的としたものだが、
建て替えが実施されると、京都府は貴重な文化財を失ってしまうことになる。
まずい。それは非常にまずい。

さて、今日まで手を替え品を替え、
もはや趣旨まで変わってきているこの謎解きだが、
今日をもっていよいよ時事にまでおよんでしまった。

今回は、件の京都会館が建て替えの危機を迎えた背景を解明しようと考えている。
また、似たような例を引っ張ってきて京都会館の救済に応用できれば、とも思っている。

それではまず、京都会館とはどんな建築なのだろうか?

オニイサン、オネエサン、ここらあで謎解きぃゆうのはどうどっしゃろ。


おれが京都会館だ。

京都会館は、これまで日本建築学会作品賞、建築年鑑賞、DOCOMOMO(ドコモモ)による
日本のモダニズム建築100選などに選ばれた経歴のある、たいへん名のある建築である。

1960年に建築家の巨匠・前川國男によって建てられ、2010年4月には50周年を迎えた。
それだけの年月を重ねても、なおも(だからこそといった方が正しいかもしれない)
存在感のあるたたずまいを保っている。

そしてこの建築には、見ていて気持ちのいい「落ち着き」がある。
京都は平安神宮付近、岡崎公園に建てられており、
一帯は疎水に囲まれた自然のまぶしいエリアでもある。

その伝統や文化ある立地から、
建設にあたっては細部に及んで景観への配慮がなされたようだ。

たとえば建物全体に広がる大きなひさしは、
いかにも日本建築風で、寺の外観を思わせるものがある。

木造建築ではないにしても、その設計上の創意工夫から、
京都という文化都市、まして岡崎という歴史地区にあって、
いかにして周囲との調和が図られてきたかということが伺い知れる建築である。


第六稿イラスト.png

 
建築には、この京都会館がそうであるように、
その土地や風土、そこに住む人々に寄り添って同じ時間を過ごしていく使命があり、
それだけの価値がある。

「寄り添って」というのは、先に述べたような調和が図られたり、
建物をその土地の歴史や文化のコンテクストに溶け込ませ、
すっと馴染ませていくような建築のあり方を例えた。

そうした生きた建築が考え抜かれ、実現されてこそ、
われわれ人間のほうの営みも豊かさを持ってくるというものではないだろうか。
 
ところが、である。
その生きた建築の代表格である、ここ京都の京都会館が、
建て替えの危機に直面しているのである。

京都会館は、第1ホールにおいて音楽関係者から設備の改善要請が出ているほか、
耐震調査により補強が必要であることが判明したことから、
問題の第1ホールを壊して建て替え、第2ホールおよび会議場棟を改修する再整備が計画されている。
 
これが「増築」といかず「建て替え」による整備が進められるということについては、
たとえば費用の問題がある。

建て替える場合の方が、増築する場合に比べて3億円安く済むというのだ。
この点については、知った時にやりきれなくなった。(知りすぎて消されるかも知れない)

いくら財源の工面に苦労しているからといっても、3億円分の益の欲しさに、
その後人類にとってどれほどの価値を持ってくるかも計り知れない文化財を
「壊してしまう」道を選ぶのは、とても間の抜けた行為であるように思われてならない。

そんなことがあっては京都市は、いや日本は、3億円以上のものを失ってしまう。
建築を保存・再生することが、普段どれほど人間や人間の生活を支え、
満たしてくれているのかについて今一度考える必要がある。

見ようのないものに対して、目に見えるものだけを材料に向き合うようなことがあってはならない。

第1ホールが建て替えられてしまうと、
「建築空間の豊かさが失われるほか、舞台上部を高くすることで疎水沿いに巨大な壁が現れ、
 岡崎の景観が損なわれる」と危惧される。

(『朝日新聞』2011年12月9日より「」内松隈洋教授)                                        

                      
絵と文 川ア 貴彦 [PROFILE]   
 

2012年02月03日

【混迷ニッポン!シリーズ】 節分の日に、東京「東西鬼対決」!

  
【東】

足立区鬼公園.JPG
足立 鬼公園


                 VS


【西】

立川鬼公園.JPG
立川 鬼公園



どっちの鬼も、とっても怖〜い!

けど、ほんとはどっちも、ちびっこたちの人気者。
   



投稿者 CHEN




   
混迷ニッポン!シリーズでは、あなたの目撃情報をお待ちしております。
  
junk.ha.web@gmail.com
   

   
   
混迷ニッポン!シリーズ:インデックス
   
【混迷ニッポン!シリーズ】勝手に募集(3)
【混迷ニッポン!シリーズ】インド人もビックリ!
【混迷ニッポン!シリーズ】勝手に募集(2)
【混迷ニッポン!シリーズ】勝手に募集(1)
【混迷ニッポン!シリーズ】新サービス登場。
【混迷ニッポン!シリーズ】「名キャッチコピー」?
【混迷ニッポン!シリーズ】目標の喪失
   
   
   
   
タグ:節分
posted by ジャンク派 at 12:39 | Comment(0) | 【混迷ニッポン!シリーズ】