2012年03月07日

【ここらあで謎解きぃゆうのはどうどっしゃろ?】 最終稿:ご愛読ありがとうございました。

タイトル.jpg
   
ご愛読ありがとうございました。

2011年の秋口から約半年に渡ってお届けした
「ここらあで謎解きぃゆうのはどうどっしゃろ?」ですが、
本日お礼の回をもって最終稿となります。

これは「筆者が京都に滞在している間、土地のあれこれをリポートする」
という企画でしたので、
今回ぼくが東京の大学に復学するにあたって
京都でのリポートは難しくなってしまいます。

したがってわずか数回の連載でしたが、
今日で一旦この場を離れることになりました。

今日までご愛読ありがとうございました。

ぼくは京都で、数々のファンタスティックな感動を体験しました。
それはここで書いてきた文化遺産や史実によるものだけでなく、
人との交流を通したものもそうです。

およそ机に向かうだけでは得られなかったであろう出会いや発見を得ました。
ネタ探しに追われていたとも言い換えられますが、
この一年間本当にたくさんの種類の方と接してきた気がします。

お坊さんとコンパに行った日もありました。
三条で庭師とお酒を飲みながら「借景」についてのお話を聞いたこともありました。
明朝の鴨川にはカピバラがいました。
嵐山で大好きな先輩に湯豆腐をご馳走になったこともあります。

どれも京都でなければ体験できなかったことです。
京都がくれた出会いは、特別なものばかりです。

執筆については、こうして発信の場をいただけたことで経験値を得ました。
興味関心を興味関心だけで終わらせてしまうのはもったいないと思います。
みんなが「好き」や「得意」を還元して、大勢の善意で社会がまわっていけば、
わりと豊かな世の中になるんじゃないかなと、考えるようになりました。

この場に飛びつくまで、何かを生み出そうと考えるばかりで、
したいことを形にしていくチャンスを探さずにいました。
自分に何ができて何ができないのか、どういったやりようがあるのか、
現実を思い知らされた気もします。

大変だったのは、やはり締切です。
ぼくはいい加減な性格なので、掲載当日の朝までなかなか脱稿できず、
毎週目を充血させて文章を打っていました。
それがいいことか悪いことか、正解は分かっているつもりです。

ネタも、京都コンテンツ多しと言えどもなかなか絞れず、
結局最後まで宙ぶらりんな進行になってしまいました。
構成にもまるで型というものがなく、
毎回目にしてくださった方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ネットに載る文章ということで、本文は所詮ナナメ読みされるものだという前提で、
少しでも気をひこうとイラストやタイトルを工夫しました。
SNSを使って集客するにも、
まるで自分で粗悪品をばらまいているかのような思いとの葛藤がありました。
その点、ウェブで戦うプロはたくましいのでしょう。
なにより彼らは本物を創っているのです。 

なぜかいつも個人ブログと勘違いされてしまう本連載ですが、
改めて説明させてもらいますと、ぼくは、東京に本拠を置く「ジャンク派」の活動に、
京都についての記事を書くというかたちで参加させていただいている次第です。

代表のチェン・スウリーさんをはじめとするジャンク派の方々は、
いつでもぼくのスタイルを尊重してくださり、
最初から最後までたいへん自由に制作させてくださいました。
甘やかされるまま月日は過ぎて、こうも一貫性のない連載になったというわけです。
真面目な回があったり、不真面目な回があったり、
文体が変わったり、画風が変わったり、すべてさぐりさぐりで進めてきました。

東京に戻った際は、どのようなかたちになるか分かりませんが、
またなにか発信していけたらと考えています。
いずれにしても運営側の方々とちゃんとお話ししてから決まることです。

最後になりましたが、今日まで「ここらあで謎解きぃゆうのはどうどっしゃろ?」を
読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
多くの方の支えがあって、企画を続けることが叶いました。
感想をくれた方、宣伝してくれた方、アイデアをくれた方、
ありがとうございました。本当に励みになりました。

川崎貴彦はすぐ戻って参ります。(何様)
罵ってもいいです。ちょっとくらい邪険に扱ってもいいです。
なるべくファンでいてくださいね。

(終)   

最終稿イラスト.png
      
   
                         
絵と文 川ア 貴彦 [PROFILE]