2012年01月11日

【ここらあで謎解きぃゆうのはどうどっしゃろ?】 第二回:アイツとアイツのややこしい別れ話 (中編)

タイトル.jpg 

「もう一人のアイツ」との相違点・共通点には何があったか?

二十四歳で『三教指帰』を書いていたころの空海は、
実はまだ仏門に入っておらず、在俗にして諸学を修めているところであった。

これは、空海の出家に対する周囲の猛烈な反対の声を受けた選択である。
彼の伯父である阿刀大足(あとのおおたり)は、なんと桓武天皇の侍講であった。
そんな伯父に儒学を学んだ空海は、大学に入るとたちまちその才能を見出される。

すると大足としては当然この賢い甥っ子をエリート街道に乗せたいところである。
彼は空海を政府の役人にする腹であった。

一方最澄は、十二歳で父母にすすめられて仏門に入り、
十八歳のころには旧仏教に絶縁状をたたきつけて比叡山に入っている。

このあたりの、いわば家庭の雰囲気のようなものが両者でははっきりと違っていた。
 
ここで大変興味深いことには、最澄は旧仏教と自らを断ち切るために比叡山に入り、
空海は著作によってこれまでの学問に対する絶縁を示している。

『三教指帰』は儒教や道教と自分とを、思想的に断ち切るために書かれたものであった。
人が何かと決別する際に放たれるエネルギーというのは凄まじいものだ。
 
さて、空海が仏門に入るのは齢三十一のときであった。
最澄は空海の七つ年上なので、このころ三十八歳である。
彼はすでに比叡山に庵をかまえ、新しい仏教の構成を練っていた。


出国・帰国のエピソード
 
空海が仏門に入った年、二人は一緒に唐に渡ることになる。

最澄は第二船に乗り込んだが、
早くから儒学を学び天才的な語学力を身につけていた空海は
第一船の遣唐大使の船に乗ることになった。

最澄は語学ができなかった。
現在でも、読むことはできても話せない学者が多いようであるが、
これは最澄以来の日本の特徴かも知れない。
 
宗派の異なる二人は、唐に渡った後は別々に真言と天台の師に学ぶことになる。

実はこの二人、本来二十年と定められた留学期間をそれぞれ一、二年で切り上げて帰国している。
いい意味でも悪い意味でも、たいした僧である。

それでも二人の在期にずれが生じた謎については、やはり語学の問題があるのではないだろうか。
言葉の壁をものともしない空海と、通訳なしでは話せない最澄とでは、
その地における居心地も違うだろう。
 
最澄は翌年の6月にはすでに帰国している。
空海は最澄より一年長く滞在し、書物や経巻など膨大な量の資料を日本に持ち帰った。

そして空海が持ち帰ったこの資料こそが、二人の仲をややこしくしてしまった。

第四稿イラスト.jpg
 
京都のスーパーヒーローとして、あくまで空海メインでここまで続けてきた。
このような扱い方では最澄ファンに憎まれるかも知れない。
彼もまた天台宗の開祖として立派な僧である。

また、これだけの高僧2人が同時代に生きていたことに興奮するのは僕だけではないはずだ。

(次回へつづく) 
                                        

                      
絵と文 川ア 貴彦 [PROFILE]   
   
   
この記事へのコメント
通販 雑貨 [url=http://www.shoppingfordefinejp.pw/]ランキング 時計[/url] <a href="http://www.shoppingfordefinejp.pw/" title="ランキング 時計">ランキング 時計</a>
Posted by ランキング 時計 at 2013年08月08日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: